日本語/English
image of structural dynamics lab

研究室概要

社会基盤施設の地震動による動的応答を研究対象に,実験的/解析的に評価しています.地震動応答からその制御法,さらに耐震設計法への実装まで,幅広く構造物のダイナミクスに関する研究を行っています.また,近年の橋梁耐震では,材料劣化を踏まえた性能評価の重要性が高まっています.そのため,特にコンクリート材料・構造の研究も行っています.

耐震工学・構造ダイナミクス

  • 高耐震性能構造(鈍構造,メタボリズム構造など)の開発
  • 免震支承を中心とする橋梁支承構造
  • 大規模構造システムの動的応答特性を把握するためのハイブリッド地震応答実験手法開発
  • 土木施設の環境作用評価

  • 飛来塩分によるコンクリート構造物の劣化機構
  • 環境に優しいジオポリマーコンクリートの硬化機構および実用化
  • 新着情報

    2019-05-14
    D3の植村君,M1の五島君に対し,土木学会地震工学委員会総会において,第38回地震工学研究発表会優秀発表賞を授与されました.
    2019-05-01
    高橋良和教授,安琳准教授が,それぞれ構造材料学分野,橋梁工学分野より,当研究室の教授,准教授として着任されました.
    2019-05-01
    八木知己教授,野口恭平助教が当研究室より,橋梁工学分野教授,助教として異動されました.
    2019-04-26
    新4回生4名が配属されました.
    以前の情報はこちら